買取店のデメリット

店舗に行くまでに時間がかかる

買取店でブランド品の売却を行う場合は、当然買取店まで出向かなければなりません。自宅周辺に買取店があるのであれば問題ありませんが、遠距離にある場合、買取店に行くまでの交通費や時間がかかってしまいます。特に買取依頼を行う点数が多い方であれば、より多くの労力が必要となってしまいます。また、買取店の査定金額は店舗ごとに違いがあるため、一店舗だけの査定結果だけで売却先を決めてしまうと損をしてしまう可能性があります。しかし、買取店へ向かうまでの労力がかかるため、複数の買取店に行くことが面倒くさくなり、最初に依頼した買取店の査定結果だけを見て売却を行ってしまうという人も珍しくありません。こういった点も買取店での売却のデメリットです。

買取手続きをしてもらうまでに時間がかかる可能性がある

買取店でブランド品売却をする際のデメリットとして、買取手続きをしてもらうまでに時間がかかる可能性が挙げられます。買取店の場合、当然自分以外の客もブランド品の売却や購入に訪れています。そのため、買取店に着いたからと言って、すぐに自分の持ち込んだブランド品の買取手続きをしてもらえるとは限りません。多くの先客がいれば、その分待たなければならなくなるため、自分の番が来るまでの時間を無駄に過ごすことになります。このような事態には、事前に来店予約をしておくことで多少は対策が出来ますが、それでも買取店が混雑していれば、仮に予約をしていたとしても予定の時間から買取手続きをしてくれなくなる可能性は十分あります。

ロレックス買取では、査定の前にアイテムのセルフクリーニングを軽く行うのが査定額をアップさせるコツです。