フリマアプリのデメリット

フリマアプリの使用方法

自宅に眠っている自分の物を売って、お金に換えたいと考える人が増えています。そのような人にとって、フリマアプリは非常に便利なツールであると言えます。出品の方法はいたって簡単で、スマホで撮影した写真をアップして、商品のジャンルや価格を設定し、説明文を記入するだけです。配送方法の指定などもありますが、基本的な操作は非常にシンプルでどのような人でも気軽に出品することができるというのが大きな特徴です。また一つでも商品が売れたり、誰かが見てくれているということが分かると嬉しくなり、どんどん出品したくなります。売上金の振り込み手続きなども簡単にできるため、手順としては面倒だなと感じるような点は特にありません。

フリマアプリのデメリットはあるの?

不用品を気軽に出品してお金にすることができるフリマアプリですが、デメリットがないという訳ではありません。フリマアプリは、基本的に商品を売買することに慣れていない人たちが利用しています。プロではないため、商品の説明が不十分であったり、過剰な値下げを迫ってきたり、コメントできつい言い方をしてきたりといったトラブルも起こる場合があります。また商品に傷があったりした場合に、意図的にそれを隠して販売し、知らずに購入して損をしてしまったという経験をしている人も中にはいるようです。商品のアピールから発送までを全て自分でやらなくてはならないため、気持ちのよい取引をするためには、最後まで責任を持って対応するという気持ちを持つことが何より大切です。